つめこみトラベラー

海外旅行の記録。現在33ヵ国。世界中のディズニーパークを制覇しました。

夢の国境越え寝台列車デビュー!(2019年中欧 #8)

今回の旅のハイライト、プラハ→ブダペスト寝台列車の旅です!

プラハ中央駅から出発

プラハ駅に到着しました。もう21時近くですが、まだまだ明るいです。

 

f:id:maho-ttt:20200502233414j:plain

 

天井が美しい。

22時少し前に出発する夜行列車の準備のため早めに駅に戻りました。これからロッカーで荷物整理などをします。

 

f:id:maho-ttt:20200502233418j:plain

 

乗る予定の電車が停まってるみたい。どの号車なのかな、と歩きながら数字をチェック。

今回は車両のランクが3つあり、一等車は鍵がかかる個室にシャワー付き(3ベッドまで)、二等車は個室3ベッドまで、シャワートイレは共有スペース。コンパートメントは6人一室のドミトリーと同形式で、私たちは二等車を貸し切りにしました。

 

f:id:maho-ttt:20200502233423j:plain

 

いよいよ乗車

予約していた車両のお部屋(コンパートメント)に到着!

 

f:id:maho-ttt:20200502233426j:plain

 

まずは話し合って寝るベッドを決めます。私は夜中に目が覚めることが多いので下の段をゲット。

 

f:id:maho-ttt:20200502233430j:plain

f:id:maho-ttt:20200502233434j:plain

 

洗面所が部屋付きなのは嬉しいところ。

準備をしているうちに電車が動き出しました〜〜〜!

f:id:maho-ttt:20200502233445j:plain

 

こちらが車両の端にある共有のシャワールーム。

誰かが使っている間は使えないので、順番待ちになります。数が少ないのでちょっと不便かな。深夜とかに起きてピークを避けて使える人にはいいかもしれません。

 

f:id:maho-ttt:20200502233439j:plain

 

寝てる間に窓から見える光景。もちろん自然も見えるんだけど、真っ暗で写真にはおさめられなかったので、駅の途中など。

昔から寝台列車とクルーズにわくわくした憧れがあり、寝台列車は未体験だったので、念願叶ってとても嬉しかったです。もっと乗っていたいぐらい。

 

f:id:maho-ttt:20200502233442j:plain

朝になったらモーニングセットを車掌さんが届けてくれます。

 

f:id:maho-ttt:20200502233448j:plain

 

軽食程度だろうなーと思っていたら、思ったよりもボリュームたっぷりでびっくり!

ペットボトルの水が持ち込みとあわせて2本+りんごジュースは持ち切れないので、ブダペストからウィーンに戻る時に飲む用で、ウエハースと一緒にロッカーにストックしました。

 

f:id:maho-ttt:20200502233452j:plain

朝8時、ハンガリーのブダペストにあっという間に到着です。12時間ぐらいあったはずなのに、快適すぎて一瞬であっという間でした。もっと乗りたかった〜!